Macchinestiproduct

コーヒー農園

JUGEMテーマ:マキネスティのエスプレッソ 

平地に見渡す限り広がる大農園、乾いた土地の古い小さな農地、深い山奥の農園などコーヒー農園には様々なタイプがありますが、共通している事は、赤道の近くで、火山地帯、そしてブーゲンビリアが咲いている事が多い事です。


火山が背景にあるコーヒーの産地


スペシャルティコーヒーは特に個性を持った産地で栽培されていますが、この写真の場所もその一つです。

ここは近くに活火山があり、赤道の近く、そしてブーゲンビリアが咲いており、朝の露、夕方のそよ風、雨期と乾期があり、晴れたり雲がでてきたりしています。野鳥や渡り鳥が来る林の下にコーヒーの木が植えられています。


林の下に植えられている背の低い植物がコーヒーの木です。コーヒーの木は放っておくと相当高くまで成長しますが、コーヒーの実を人の手で収穫出来る様に写真の様に低く維持されています。

このような地形と栽培の仕方ですので機械を使った作業はできません。栽培から収穫まで手作業で行われます。しかもコーヒーの実は同時に一緒に熟しませんので、毎日熟した実を探しながら収穫を行います。

このようにすばらしい自然の環境で丁寧に作られたコーヒーは産地の個性を表現します。それは甘さと味のキレが豆内の800以上の有機物と一緒になりバランスがとれた風味を作り出します。マキネスティが言う「香りの中に産地の景色が見えるコーヒー」です。バリスタの仕事はその美味さを引き出す事にあります。

次回コーヒーを飲む時に、目を閉じて、産地の景色を見てみてください。


サイドノート: コーヒーをブラックで飲む人がおりますが、趣向品ですのでそれでも良いと思います.しかしコーヒーをブラックで飲むのは最近の事です。長い歴史の中で培われたコーヒーカルチャーがあり、昔から何らかの香辛料を加えて楽しむ事が多く、砂糖や蜂蜜、ミルクやクリームもあれば、エキゾチックなスパイスのシナモン、コリアンダー、カルダモン、それにモカやレモン、オレンジ、いちじくなども使用されています。昔から伝わっている楽しみ方を是非お試しください。




categories

back number

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

archives

search this site.

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM