Macchinestiproduct

カフェとして

RYOGOKU



標高1500〜2000Mの山の斜面で手作業。熟れた実だけを、

毎日摘みにいく。 約2か月間、摘み続ける。その後のプロセスも

まだつづく。

ここにあるすべてのコーヒー豆は、いろんな人の手がつながり

運ばれてきた。

産地の草木や花の香りをたっぷり吸いこんだコーヒー豆は

今、ここ、異国の地で、私たちに産地の景色をみせてくれている。


ありがた過ぎて、焙煎するとき、いつも、感謝し作業をする。

今週も、美味しくできました。 ぜひ、お待ちしております。

sato




categories

back number

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

archives

search this site.

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM